投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

1月31日進捗。ガンズ&ユニバース2号発売!

イメージ
はいはーい。報告報告。ごぞんじかしらー(芸風が安定しない)


ガンズ&ユニバース2号発売
銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE 02』 山田佳江、米田淳一、かわせひろし、波野發作、神楽坂らせん著


先ほどガンズユニバース2号発売ですー。

例によってBCCKS先行発売です。KOBOとかAmazonは少し遅れるので、

早く読みたい方はBCCKSオススメ。



で、今回、うちは「ディーゼルパンク」なるなぞのファンタジーSF始めちまいました。うわ、なんか猛烈な可燃物の臭いがっ。オイル?(違)



こんなのがでてくるよー。


初っぱなから押し込みましたが、これ、どうなるか作者の私も楽しみだったりします。というか先のこと読めてるのかというと……テヘッ(だめじゃん!)

今のところやりたいことは決まってるんですが、それをどう連載に落とし込むかは様子を見ながらです(いろいろダメじゃん!)

というわけで、ちょいハラハラもんかもしれませんが、応援よろしく!

あと、今回から山田佳江さんも参加してます。五人編成。

で、今回のガンズにはもう一つヒミツのお知らせが。読んでねー!!

なぜBCCKSがオススメなのか
なにしろEPUBダウンロードで手元に持っておけるからね。これは結構大きいなーと。

ま、ぶっちゃけBCCKSで買ってもらえると収入もでかい。70%。

BCCKSからAmazonに配本したの買って貰うと25%しか貰えない。なんでしょうこの差。

たぶんKOBOで50%もらえるからんでしょうね。Amazonこういう所が嫌い。セコい。

といいつつAmazonKindleストアでも売ってるんですけどね。

じゃ、なんでBCCKSからAmazonに配本してるかというと、

印税分配システムがBCCKSにあるんですよ。

印税を設定した割合で各著者に自動的に配分してくれる。それも延々と。

これができないとね、経理係置かないと雑誌作れないの。

だって、そんな計算延々と毎月して、毎月配分するなんて、やでしょ?

途中でもう微々たる額になったら、さらに厭になる。

ロングテールって言ったって、その配分やれば疲労もロングテール。

それを自動でやってくれるBCCKSはすごいアドバンテージあるのね。

電子書籍雑誌作るならいまのところBCCKS一択なのはそこ。

だから「群雛」も「オルタナ」も「ガンズ」も「Position」もBCCKSで…

1月23日進捗。早速首がドンドン絞まってるなう。

イメージ
はいはーい。報告ブログ-。

なんと、前の更新が1月2日! お正月の挨拶だよっ!

なにどっかの役所みたいな気の抜けたことしてんだよっ>自分

といいつつ、まず報告。



エースアクティブ2 Kindle版

はい、これ出しました。
エロでっす。
一太郎にうなりを上げさせて校正しました。
エロスなレースクイーンさんのいる電気自動車レースのチームの話。
もうね、軽自動車なのに、あり得ないパワーがある車なんですよ。
というわけで、SFとなっております。
エロスもSFだぜい。
これ、Kindleアンリミテッドだと無料で読めます。
ええー、無料?といっても、
読んでくれると私もいいことあるので、
ぜひ。




でね、
この前、

金の奴隷(米田淳一) - カクヨム
こんなの書いた。
2.5時間で即興で小説書くというウェブでの企画「にごたん」に参加しました。
2回目だけどね。
1回目は鉄研を流用してわいわいやって、そこそこだったけど、
今回、金の奴隷は、ガチでやりました。
ええ、大人気ないです。どっか勘違いしてます。
でも、みんな頑張ってるんだもん。全力でやらないと。
お題提示されて、2.5時間で原稿書いて、一太郎で校正して、著者校して、せーので公開。
これがまた楽しいんだ。みんながんばってるし。
時間限られてるってのは燃えるよね。
この「金の奴隷」の内容は、

二つの対照的な銀行。 堂々たるトップメガバンク・つつじ銀行HDと、 小さいながら創意工夫と顧客満足度で光る北浜共同銀行(KKB)。 事あるごとに対立するその両行のトップは、実は奇妙な縁で結ばれていた。 超えられないライバル「奴」を追いかける「彼」の苦闘! そして「この世で働くこと」を巡る、社会派金融短編!

という、なかなかシャープな短編です。
こんなの書けると、自分でも嬉しいのね。
しかも時事ネタ入れちゃったし。


でも、

これ、5000字ちょっとしかない。
めっちゃ頑張っても、
3万字ルールで、1冊の本に出来ない!!
ひいいいい。

といいつつ、この「にごたん」
参加してる人が結構いて、
この前、その「にごたん」の人たち中心に、
コンペをやったんですよ。
「オルタナ」っていう、いつも私のいるSF雑誌とコラボ。
題して「にごたな」オルタナ別冊2.5号。
これ、面白そうなのね。
面白そう、ってのは、
私はお手伝いしてるだけだから。
審査は別の人。

2017年スタート!にあたって2冊出ました。「なんなの」と「Position」

イメージ
まず刊行のお知らせ。

超短編アンソロジーなんなの』 根木珠編著
 これに私も寄稿してます。大勢が参加しててなかなか興味深い本ですので、ご興味があればぜひ。折羽ル子さんとかが大活躍。この混沌ぶりがいいかもという。無料なり。

 あともう一冊。こっちにも寄稿しました。

position ACT-1』 波野發作、藤崎ほつま、にぽっくめいきんぐ、米田淳一、黒桃将太郎、幾谷正、真野清太著
 こっちはアダルトなんですよ。エロでっす。そもそも「R35からの情動マガジン」ってのがまずいいよね。

 でもこの雑誌、耽美系の作品からアイディア満載のエロ、悲哀のエロ、解き放たれたエロ、まさかのエロ、おなじみのエロまで取りそろえていて、なかなか壮観。楽しい雑誌になってます。

 耽美の作品、黒桃さんの作品はその美意識がすごい。中身はすごく危なかったりグロかったり怖かったりするのに、.美しさを感じてしまうのがすごい。まさに傑作です。

 あとアイディアものなのがにぽっくさんの作品。これも秀逸。ガジェットの話がすごくよく活きてて、描写の書き込みもスバラシイ。しっかりそれが実を結んでエロいのもいい。

 ほかにもみんな上手い人が多いので、満足度は高いと思う。

 うちはいつもの妄想エロではなく社会派入ったミリタリーです。まあ、いつもの、って感じかも。読んでみてのお楽しみですね。

 にぽっくさんの扉絵は波野さんのデザインに私が描いたドット絵合わせたものなんで、これも是非ご覧いただきたく。秋本康激怒もんです(ホントカ)

 個人的に、電子書籍とエロって親和性高いと思うんだよね。ムラムラっときたらいつでもこっそりポチッと買えるし。


 このPositionもしっかりムラムラしちゃうので、是非。うひひ。(←変態(←知られてる))


 あと、このPositionの編集長・波野さんの各作品解説は必見。すばらしいです。恐縮なり。




 でね、この2冊はカウントに入るので(片方無料だけどカウントに入れないのは失礼というもの)、

 これで私の発行済み冊数は100種類になりました。

 はい、100種類達成しちまいました。記念すべき100種類目がエロになってしもうたのも私らしいと言うか。でも、このエロはただのエロにあらずなのですよ。


 で、新年ですが、

 私の2017年の戦いは、すでに去年12月から始まってました。

 今年のクリスマス(…